RYOKUUブログ


今回は少し特殊なサイズ直しの手順を載せてみました(^^♪

何が特殊かっていうと

①裏抜きしてある(リングの内側をくりぬいている)
②サイズ#12ダウン
③ダイヤを留めている爪がバラバラ

以上のことから普段はお断りするような内容です

何故お断りするかは順を追って説明していきますね

下の写真が最初の状態です

まずは大きくサイズを変更ということで

そのまま小さくするとダイヤが割れてしまう

恐れがあるのでダイヤを外します

次に#21→#9にサイズダウンするので

#1=1㎜なので12㎜カットします

カットした端と端をくっつけます

溶接してくっつけて整形していきます

この時に鉄の棒に入れて真円になるように

木槌などで叩いて整形していくのですが

裏抜きしてある部分を叩いてしまうと

凹んでしまうことがあるので慎重に

形を整えていきます

次は外したダイヤを留めていくのですが

爪の補強をしてからダイヤをセットしていきます

せっかく外したのでダイヤの大きさを

1個づつ測ってセンターに大きいものを持ってきて

外側につれて小さく並べ替えました

1つ1つ高さなども違うので間違えないように

マジックで印をつけながら

高さが合うように台座の部分を削って調節しました

石の面がそろうようにセットして

ダイヤを留める爪がバラバラにならないように

ダイヤを留めて爪を磨いて完成✨

脇の小さなダイヤの

彫り留めもかかりが浅かったので

ついでに彫りなおして完璧!

これでほとんど全部触った感じになりましたが

最後に全体を綺麗に磨いて完成です✨

最初に購入されたときより

丈夫で綺麗になったと思います

お客様にも大変喜んでいただけたので

私もとても嬉しくなりました(^^♪